さぽろぐ

  スポーツ  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


プロフィール
走るキンサク
走るキンサク
 氏名    橋    金作
        走 る キンサク(75歳)

●主な役職
株式会社エコニクス創業相談役
㈱沿海調査エンジニヤリング相談役、 
(財)電気保安協会 理事、
(元)北海道経済連合会常任理事
●趣味スポーツ歴
・日本海沿岸走5800㌔走破
 北海道沿岸道3000㌔走破、
 青森竜飛岬から青森・秋田・山形・新潟・富山・石川・福井・京都・兵庫・鳥取・島根・山 口・福岡・佐賀・長崎県野母崎の日本海沿岸2800㌔走破、九州最南端佐多岬ヘ、青森大間崎から太平洋沿岸久慈海女ちゃん小袖浜へ更に陸奥海岸復興視察ランで女川へ
・サロマ100㌔ウルトラマラソン4回完走、
・札幌スキーマラソン50キロ15回完走、
・オホーック85㌔スキーマラソン11回完走、
・ヒマラヤ カラパタール5545m、ゴーキョピーク5357m登頂。
・エベレストBCへ2度(チベット側チョロランマ、ネパール側サガールマーター)
・国際潜水教師協会理事(NAUI)元インストラクターDr、
・他に北海道、東京、ホノルル、洞爺、千歳、網走等のフル、利尻一周55㌔マラソン等など完走、自転車、水泳、カヌーなど
平成 2017年 3月 現在
インフォメーション


QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人

2007年06月03日

6月3日利尻島マラソン完走55km


●6/3 利尻一周55㌔マラソンの始まり、朝4時起き天候確認、利尻富士が見事な姿で見下ろしている、今日は気温も高くなりそう17.8度だろうと作戦を立てる。朝食、初マラソンの甥っ子K君へアミノバイタル、クエン酸、擦れ防止ワセリン、ウエアー、ストレッチなど準備のアドバイスをする、緊張しているのが解る、身体と心を乗り越え真の己で走る橋マジックを掛ける、俺の後を付いてくればこれで完走だ心配するな!とリラックスさせる。朝6時スタートの号砲、皆一斉に掛け出す、皆行くが心配するな長い道程一人ずつ食っていくからと抑えて抑えてと最終集団にペースを合わせ㌔7分で走る、5㌔過ぎ35分、10㌔も予定の70分、クツガタの利尻町へ近づくと冷たい向え風で曇り出してきた寒い、空を見上げるとサハリン沖からの寒流が沿岸に来て雲を出している、しかし島裏側の半分からはその影響は無く晴天で気温が高くなるだろう、、此処は寒くても我慢、25㌔あたりから風も無くなり寒さは和らいできた、7分ペースでK君も順調、応援の漁師さんへ笑顔て手を振りながら挨拶し走り続ける、魔の35㌔過ぎとはどんなことになるかと心配してK君から?質問、体力気力はお金と同じ何時でも使えるから大事に閉まっておけと話しながら、抑えて走らす。30キロ過ぎから更に気温が上がり20℃ぐらいになってきた蒸し暑い、、、T先生のサポート車が来た、、、ここでランニングに着替え調子が上がる、しかしK君は飽きてきたようでいらだっているのが解る。ここでその気持ちを抑えさせ力を蓄えさせ35㌔あたりから行かそう、しかし33キロで先に行きたいと言い出した、抑えきれないようである。それでは此処から35㌔、40㌔、45㌔と徐々に上げて(㌔15秒ぐらい)行き、最後の10キロで持てる力を爆発させれ!と送り出す、見る見る見えなくなる、これから先で経験不足の若さでつぶれないかと心配になる、こちらもそろそろ上げなければ、40㌔過ぎから徐々に行こう、つぶれている若者を拾うことを、、、楽しみにして。しかし左足の足の脛が痛い最近時々痛んでいたが此処で出てきたか、、、騙し騙し、、、この痛みは他人のと言い聞かせ走る、時計を見ると大きく遅れている、40キロから足に呪いを掛けて痛みを忘れさせ㌔7分に戻す、45㌔速度を増すがとてもK君を拾うことは出来ない。
これでは予定を過ぎそう、、、速度を増す、、、鴛泊の港が見えてきた、此処を下る後5㌔、㌔6分30秒で走れ!潰れているランナーをドンドン抜く、、がK君は居ない、、、負けた、、最後の1㌔の登りを越えてゴールイン。予定より10分遅い6時間40分、、、しかし身体には余裕ありこれでサロマ100のペースを確認できた、Yさん、Hマダム、K君がゴールで待っていた、なんとマダムは女性3位入賞(4:48)、Yさん(4:41)はなんと女性トップも抜きベストタイムでサロマが楽しみとのことでワクワクしている、そして橋監督の作戦とマジで完走のK君は55㌔6時間10分で見事なタイムで完走、32キロからでの走りで30分の差を付けるなんて驚きです!これから有望です、フルマラソン4時間は軽く切る力を持っている、これからが楽しみです。走り歩きでの打ち切り時間10時間(時速5.5キロ)で制限されているが、歩きだけで完走を目指していたK君の父も10分前でゴール。
利尻での良い走りが出来たのも宿泊、当日のバックアップなど私たちランナーの色々お世話をしてくれたT先生のお蔭です、有難うございました。今月55㌔です。  

Posted by 走るキンサク at 15:07Comments(0)2006年サロマ100㌔報告

2006年07月25日

06年サロマ100報告します。残念ながらリタイヤでした。

利尻55?マラソンで特訓し昨年と同じタイムで走り余裕があり今年こそは行けると自信がったのですが、サロマは甘くないです。振り返ると今年の走りこみは3月からの距離は524キロであり昨年の725?より200キロほど少なくその結果でした。気温はそれ程高くないスタート地点で15℃ぐらいでしたが晴天であり暑くなる事が予測されそれだけでプレッシャーが掛かり弱気になり20?で予定より早く着きすぎ慌てて速度を落とし調整をしたのですがそれがから急激にダメージがきてしまい崩れていきました、30キロでは計画より下回り勝敗を分ける55?の到着予定は無理だと感じ諦めムードとなりこれ以上走っても無駄だと30?でやめようかと思いました、走らないとダメ!と長野さんの奥さんの励ましもあり55?まで頑張り長野さんと伴にリタイヤしました。
来年は65歳でありもう一度挑戦してサロマ100マラソン定年制を引き完走で卒業します。
7月からもう一度サロマへの特訓が始まります、今年の冬はスキーマラソンは中止して冬季も走りこみ2月の東京マラソンに参加して3月には体制を整えサロマまでの4.5.6と3ヶ月で700キロ以上走り完走をめざします。  

Posted by 走るキンサク at 16:41Comments(0)2006年サロマ100㌔報告

2006年06月13日

2006サロマへ向けて利尻マラソン55キロ

IMG_0134利尻岳1.JPG


皆様ご無沙汰しておりました、昨年までは沿岸マラソンで今ごろは何処かの海岸をうろついているのですが、今年は目標を失いダラットしています。そのお陰で3月からの走行距離は昨日まで518?と例年より200kmも少なくなっております。これではサロマの完走は心配で6/4利尻島に再度訪問し一周55kmマラソンに参加してきました。  続きを読む

Posted by 走るキンサク at 13:00Comments(1)2006年サロマ100㌔報告