さぽろぐ

  スポーツ  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


プロフィール
走るキンサク
走るキンサク
 氏名    橋    金作
        走 る キンサク(74歳)

●主な役職
株式会社エコニクス創業相談役
㈱沿海調査エンジニヤリング相談役、 
(財)電気保安協会 理事、
(元)北海道経済連合会常任理事
●趣味スポーツ歴
・日本海沿岸走5800㌔走破
 北海道沿岸道3000㌔走破、
 青森竜飛岬から青森・秋田・山形・新潟・富山・石川・福井・京都・兵庫・鳥取・島根・山 口・福岡・佐賀・長崎県野母崎の日本海沿岸2800㌔走破、九州最南端佐多岬ヘ、青森大間崎から太平洋沿岸久慈海女ちゃん小袖浜へ更に陸奥海岸復興視察ランで女川へ
・サロマ100㌔ウルトラマラソン4回完走、
・札幌スキーマラソン50キロ15回完走、
・オホーック85㌔スキーマラソン11回完走、
・ヒマラヤ カラパタール5545m、ゴーキョピーク5357m登頂。
・エベレストBCへ2度(チベット側チョロランマ、ネパール側サガールマーター)
・国際潜水教師協会理事(NAUI)元インストラクターDr、
・他に北海道、東京、ホノルル、洞爺、千歳、網走等のフル、利尻一周55㌔マラソン等など完走、自転車、水泳、カヌーなど
平成 2016年 3月 現在
インフォメーション


QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人

2010年09月17日

無事、能登和倉へ到着!、励ましありがとう!

今日は富山氷見から能登路を行く、朝から東の日が強く、東海岸線は逃げ場がない、朝の内に少しでも稼げる!、甘かった。10Km程で日陰へ逃げたくなるが日陰が無い、ようやく一軒の庭の大きな木、ここの日陰で休もう、爺さんが農作業に行くところ、お願いする、とわざわざ椅子持って来てゆっくり休んで行きな、、、雨、が来るかも、降ったらその小屋で休みな、、降りそうではないけどな、、爺さんが出かけてすぐ暗くなり、突然の土砂降り、小屋に逃げ込み休憩、流石に凄い!驚いたオジンの予報。小降りになりカッパで走る、俺には時間が無い、涼しくて良いですね、ここで距離を稼げようる、大型車が水しぶきを上げる、まるでシャワー!だんだんと晴れ、先程の雨、が蒸発して蒸し暑い、能登の女神に恨みは無い筈だが、庵の道駅で七尾への山越の休憩と昼飯、ここからが勝負だ、山道に入ると涼しく、捨てる神あれば、拾う神ありです。覚悟して挑んだ甲斐がありそれほど辛く無く七尾湾が見えてきた、最後七尾道駅へ、なまこの唯一の専門店ナマコ屋視察、N先生の若かり日増殖事業の功績がこの地のナマコ産業を発展させた、ナマコ屋の前にN銅像が立てるべきでは、ナマコの色々な土産沢山買いました、札幌から1300Km走り買いに来ました、安くして…駄目でした、驚いたのだがな…能登の女はヒツカリ者です。
  

2010年09月17日

今日は能登は、雨、模様

朝から雨、予報でも今日は100#JIS2D4D#、ゴミ袋を被り出発、土砂降りに成ったらと心配、能登は雨女の多い何処、早速コンビニでカッパを買う500円、雨でも蒸し暑い、ここ新湊からの道は複雑、なかなか抜け出せない、随分遠回りしてなんとか、大きな工場と川沿いの中を縫うように抜ける、今度は アップダウンの連続、ようやく海岸線にでる、疲れ果てたです、雨も止み一安心…此処は雨晴の地名、なるほど、こから10Kmで氷見漁港る、道の駅でを食べる、美味い!、海岸線に整備された良い道、更に今日の宿氷見の華へ10Kmだ!阿尾城跡、海と立山連峰を見渡せる素晴らしい高台にせり出している、後Km5ほどだろうと尋ねる、車で15分ぐらい…何!15Kmはあることになる、昨日の苦労を思いだす、そんな、、仕方ない、走れば着く、コンビニでコーヒーを飲み気合い!、店員に再度尋ねる、なんとと5Kmぐらいだよ、そうですかと微笑んだ、あの親父客が少ないホテルの同業者か?、トンネルをくぐり抜け岬が見る、あの先が今日の宿だ、最後の登りので到着、予定の4時でした.ご苦労様!、ここは人家もなく、携帯も駄目でホテルの電話で安否の連絡、今朝電波が安定しているので5時から送信にチャレンジと思ったが矢張りだめ、何処相性をみて送信します。
  

2010年09月15日

黒部駅から富山港、そして新富山港の新湊へ10時間

朝8時、勇んで富山港を目指して出発、魚津に入ったところで散歩人に追いつき挨拶、どちらまでと声を掛けられる、七尾まで行きます、そうですか、と余り驚いた様子はない、、、北海道一周して青森竜飛からです、驚いた気配はない、なんと北海道、本州、四国、九州などなど全部徒歩で一周された黒部の中村さん、お互い息が合い投合、旅人話で気づいたら滑川の境、写真は中村さん70歳です、いろいろなアドバイスありがとう、滑川を過ぎ常願寺川、時間がかかり過ぎ、暑さはある、しかし、、沿岸道は距離が長い、計測の間違いか、しかし富山港へは夕方前には着くだろう、沿岸道は松林の中で素晴らしい、、見とれていたら昼寝で道を塞ぐに出逢う、ビックリ踏みそう!北前船の湊、岩瀬に廻船問屋森商店、いよいよ富山港、今日ゴールは近い、後5Km程だろう、4時には着く…急げ!道路表示、何と新湊15Km!嘘でしょう、距離の間違い、結局道に間違うやらで、私は何処!?、気力を失う、突然電話が鳴る、武蔵から励まし、ゴールは近い筈…る、6時過ぎに到着、10時間かかりました、疲れました、夕方からの小雨と武蔵の励ましに救わました
、矢張りまだまだこちらは蒸し暑く大変です、疲れた気力を振り絞ってのブログです、眠い