さぽろぐ

  スポーツ  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


プロフィール
走るキンサク
走るキンサク
 氏名    橋    金作
        走 る キンサク(75歳)

●主な役職
株式会社エコニクス創業相談役
㈱沿海調査エンジニヤリング相談役、 
(財)電気保安協会 理事、
(元)北海道経済連合会常任理事
●趣味スポーツ歴
・日本海沿岸走5800㌔走破
 北海道沿岸道3000㌔走破、
 青森竜飛岬から青森・秋田・山形・新潟・富山・石川・福井・京都・兵庫・鳥取・島根・山 口・福岡・佐賀・長崎県野母崎の日本海沿岸2800㌔走破、九州最南端佐多岬ヘ、青森大間崎から太平洋沿岸久慈海女ちゃん小袖浜へ更に陸奥海岸復興視察ランで女川へ
・サロマ100㌔ウルトラマラソン4回完走、
・札幌スキーマラソン50キロ15回完走、
・オホーック85㌔スキーマラソン11回完走、
・ヒマラヤ カラパタール5545m、ゴーキョピーク5357m登頂。
・エベレストBCへ2度(チベット側チョロランマ、ネパール側サガールマーター)
・国際潜水教師協会理事(NAUI)元インストラクターDr、
・他に北海道、東京、ホノルル、洞爺、千歳、網走等のフル、利尻一周55㌔マラソン等など完走、自転車、水泳、カヌーなど
平成 2017年 3月 現在
インフォメーション


QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人

2011年05月09日

能登を走り、歌人に…




















能登沿岸は長く一人旅は自然と一体となる走道を極める修行の旅でした。 海、花、能登人情に触れて句が浮かび、能登の細道、走る芭蕉にあやかりました。そこで一句[厳海の荒波受け立つ能登の厳岩]・[奥能登の厳海、恐れおののく、義経船隠し]・[ホーホケェキョ、椿咲く奥能登海岸、オーサムィと叫ぶ不如帰。]こんな愚作を詩うことが心と身体の頼りどころに能登半島250キロを走る旅は終わりました、皆さんの応援本当に力になりました、足も喜んでました、ありがとう。
日本復興、能登半島一周マラソン総距離262キロでした、震災の皆さまの気持になり、昼食はパン、温泉は無し、誰も泊まらない安民宿で8日間過ごしました、義援金262キロ×100円で26200円お贈りいたします。

  

2011年05月08日

5/8能登半島260Km完走、応援ありがとう。



















昔福浦港は厳海の能登越えの風待ち港で遊女もいた賑わい港宿、遊女を安らぐ腰巻き地蔵があります、野口雨情の詩がありました、[能登福浦の腰巻き地蔵は、今朝も船出をまた止めた。]能登厳海を受けて立つ厳門岩、志賀原発の前を走り、能登半島完走の最後ゴール町の道路標識、何か熱いものが感じられました、これで終われる、最後の走りで羽咋市へ、しかし駅前商店街は寂れ閉店ばかり、もの寂しさいゴールでした。夕食は豪華にと料理屋を探すが見当たらない、川の傍に割烹料理と看板、昼食はパン、私一人しかお客のいない安民宿の連続で節約できたここで豪華に行こうと店へ入る、何とカウンターに親父ばかりの居酒屋でした、ここでビールで祝杯、体に浸みわたるご苦労様、皆さま能登半島完走、応援ありがとう、
[椿咲く奥能登、まだかまだかの祿剛崎、花と情けに救われて、走り終われば近くなりけり]。  

2011年05月07日

5/7 輪島朝市から山越し富来七海へ

今日はこちらへ来て初めての夏日になりそう、25℃は超えそう、冬仕様の私は耐えられるか?。朝市を見学、峠を越えて門前町の総持寺へ数年前の能登震災で被害に遭ったが全災してない、700年前の建築は凄い、その境内の掃除坊主パンダカの世を清める石像、赤神で昼食パン、山越の峠道か距離の長い海岸道を行くか迷う、二人の自転車で回っている学生と会うやはり迷っている、「自転車でも大変なのに走っているの」札幌からな、、、唖然、弱音は吐けない、距離の多い道を行くよ、、先に出る。
能登金剛と言われる絶海の景観、義経一行が厳海能登の荒波に恐れ隠れた船隠し、向かい風で涼しく助かった、しかし長かった、最後5キロは泣けてきました。七海の民宿へ到着した途端に雨、雷で驚いた、今日まで雨からは救われている、女神は諦め無い男を見捨てない。明日は最後の走りだ!噛み締み、楽しで行こや、、今日は52キロ最高でした。  

2011年05月06日

5/6帰路の輪島へ
















昨日懐かしいの古民家、部屋5℃寒くて寝れない、昔の厚く、重い布団を二枚重ね、それでも寒くウィンドウブレーカーを着る、でも頭が寒く寝れない、、手拭いでホッカブリ、昔の子供の頃の札幌の冬を思い出す、年寄りの懐かしさだけでは矢張り生きて行けない。 今日は気温が高い、暑さ対策してスタート、大谷川の鯉のぼり、昔ながらの奥能登の塩田、塩サイダーで喉を潤す、これが美味い早速家へ送る、輪島の千枚田、昔ながらの日本の米作り。今日は昼食を4日ぶりにレストランでまともな食事をした、毎日パンと牛乳は力が入らない。ここ連続の民宿の夕食は自慢の山菜料理、しかし毎日ワラビ、タケノコ、こごみ、ウド、タラの芽、などの天ぷら、おシタシ、味噌昼、煮物、タケノコご飯の連続です、今が旬ですからと勧める、飽きましたとは言えず我慢して美味しいですね、、、、輪島に到着、そして民宿も温泉、普通の食事、何故か鮭がでる、輪島は都会だなー、文明は安心、明日も頑張れる。今日は41㌔  

2011年05月05日

5/5 遂に、能登半島の先端狼煙祿綱灯台到着
















寒い朝、最高気温10℃札幌並み。二人で歩くと結ばれる恋路海岸を一人で走る、珠洲から先の蛸島にある最後のお店で昼食のパンを買う、鉢ヶ崎の海浜公園で昼食、空を見て鳶を警戒しながら昼食、この先の義経が笛を奉納した須須神社で御守りを頂きお参り旅の無事を願う。
金剛崎の峠を越え能登最先端狼煙の祿綱灯台到着遂に来た!、足を御苦労さま撫でながら感謝、無事着きました、長かつた…。更に今日の宿、木浦民宿まで走ろう、此処からどの位か電話、歩いて1時間位と返事、さあ…一走りと勇む、しかしアップダウンの連続で7Kmありました、疲れがどっと!、ようやく着いた木浦の民宿かやま、山の中の古民家の半農半魚の民宿、部屋の暖房は炉端、料理は裏山の山菜、前浜の魚、客は私一人で三座敷、寒いが古い人間には古いものは最高、苦労してたどり着いた甲斐がありました。明日からは半島の西を回って帰りの輪島へ、3日も走ると身体も慣れ調子がでてきました、しかし油断が危ない。今日は40キロ  

2011年05月04日

5/4鳶に靴下さらわれる

晴れ、気温も低くラン日和、能都町まで順調、、昼食はスーパーでパン、牛乳、野菜ジュース、ヨーグルトを買い不足気味の栄養を補う、公園で昼食、青空をピート鳴きながら鳶が飛んでいる、なんと長閑なんだろう。すぐ近くの電線に止まった、足の疲れを取るため靴下を脱ぎ傍に置く、鳶が奇襲!、靴下盗まれた、油げさらうの話はあるが何で、、あんな臭いものきっとそのあたりに投げ捨ててあるのではと探すが無い、山へ持ち去ったようだ、何に使うのか、片方だけ!?幸いにもう一足の予備を履く、これが残り最後だ気を付けよう、午後九十九湾でまたも迷って4時過ぎ恋路に到着、気温が低く椿が咲いている、疲れ果て、走る体に優しく頑張れと声をかけてくれる美しい女性の様です。今日は38キロです。  

2011年05月03日

5/3 最初からアクシデント、情け深い能登女に救われる。
















能登島からもう一つのレィンボーブリッジを渡り穴水へ20Km、11時に到着、昼食には早過ぎる、もう少し先で昼休みにしょう。潮騒の散策路が近回りのような案内板、国道の山道より車も無く走り易いと飛び付く、これがとんでもないない事に行き止まり、山道を走り出て来た所が最初の場所、此処で昼休みにと食堂、コンビニを探しながら走るが、走っても、走っても無い〜最早午後2時、腹は減りふらふら、ここからまだ15Kmはありそう、距離の間違い、どうしょう、何処かにパンは売ってないか、店らしき店は過疎で廃業、家の前で野良仕事しているおばあちゃんに尋ねる、穴水から何も無いんだよ、ここらは田舎だからね、どうしました?、朝から何も食べてなくふらふら、、待ってなさいと家からパン!、食べて行きな!.能登女神に救われる、能登女は情けが深いが身持ちが堅い、石の様に強い。これから頑張れる、ようやく七尾湾を一回り、長かったな、、、岬の先で菜の花がご苦労様と慰めてくれました、4時半ようやく前波の民宿へ到着、なんと50Kmでした。
  

2011年05月02日

5/2 頑張ろう!日本復興能登ランスタート

札幌は雨、朝能登和倉温泉へ向かう、震災で人生が止まってしまった多くの人々がいる、今日から240Km能登ラン、私は一歩足を出せば進む、どうしょうもなく苦しんでいる人々を思い走ろう、午後夕方4時和倉温泉から能登島大橋を渡り半の浦まで7Km走る。
  

2011年05月01日

明日から能登ラン、庭の水仙花が壮行。

いよいよ札幌も春の訪れ、明日、能登ラン出発!、頑張れと水仙が満開に壮行。どんなドラマが待っているか楽しみです。
天候は予報では曇り晴れですが、気温は高かそうで25℃の日もある、体は冬バージョン、夏に耐えることが出来るか心配、能登の先々で魚と酒、そして能登美人が待っている、待っていてくれ、それを頼りにキンサクは走る。
旅ランの日々をブログで送ります、期待してください。