さぽろぐ

  スポーツ  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


プロフィール
走るキンサク
走るキンサク
 氏名    橋    金作
        走 る キンサク(76歳)

●主な役職
株式会社エコニクス創業相談役
㈱沿海調査エンジニヤリング相談役、 
(財)電気保安協会 理事、
(元)北海道経済連合会常任理事
●趣味スポーツ歴
・日本海沿岸走5800㌔走破
 北海道沿岸道3000㌔走破、
 青森竜飛岬から青森・秋田・山形・新潟・富山・石川・福井・京都・兵庫・鳥取・島根・山 口・福岡・佐賀・長崎県野母崎の日本海沿岸2800㌔走破、九州最南端佐多岬ヘ、青森大間崎から太平洋沿岸久慈海女ちゃん小袖浜へ更に陸奥海岸復興視察ランで女川へ
・サロマ100㌔ウルトラマラソン4回完走、
・札幌スキーマラソン50キロ15回完走、
・オホーック85㌔スキーマラソン11回完走、
・ヒマラヤ カラパタール5545m、ゴーキョピーク5357m登頂。
・エベレストBCへ2度(チベット側チョロランマ、ネパール側サガールマーター)
・国際潜水教師協会理事(NAUI)元インストラクターDr、
・他に北海道、東京、ホノルル、洞爺、千歳、網走等のフル、利尻一周55㌔マラソン等など完走、自転車、水泳、カヌーなど
平成 2018年 3月 現在
インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人

2011年09月19日

敦賀半島を越えて若狭湾美浜へ

朝7時過ぎ小松駅から電車で敦賀へ移動、到着後すぐ走る、小松は雨だったが敦賀は青空、気温朝から27℃、今日も過酷な1日が始まるか?、敬老の日だが全く労りがない、行い良く文句を言わず走れば天は見捨てないだろう…日本の三大松原、気比の松原の中を走り敦賀半島横断馬背峠の縄間へここで水をボトル2本を補給し峠越えに備える、覚悟して行く、なんと原発の避難道として長い1500mの登りトンネルが新設され助けられました、私の避難道でした。下り若狭湾の美しい渚、竹波ビーチに美浜ですね、サーファーが、ビーチバレーの大会、柵を越えて観戦に入ったら入場チケットを買ってくださいと追い出さる、関西からの若者が多くマリンを楽しんでいる,
ビーチ設備が整っている、美浜原発の支援だろう,,,
目の前に原発が見える、共存の姿、山越したこちらは風強く気温が低く助けられられる、敬老の贈り物かな、途端に雨が降り軒下で雨宿り、小松で昨夜買ったパンで昼食、田舎で食事は不可、備えあれば…でした。今日は午後から気温がさがり早く3時過ぎに美浜の民宿仲良しに到着でした。しかし蒸し暑かった。