さぽろぐ

  スポーツ  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


プロフィール
走るキンサク
走るキンサク
 氏名    橋    金作
        走 る キンサク(75歳)

●主な役職
株式会社エコニクス創業相談役
㈱沿海調査エンジニヤリング相談役、 
(財)電気保安協会 理事、
(元)北海道経済連合会常任理事
●趣味スポーツ歴
・日本海沿岸走5800㌔走破
 北海道沿岸道3000㌔走破、
 青森竜飛岬から青森・秋田・山形・新潟・富山・石川・福井・京都・兵庫・鳥取・島根・山 口・福岡・佐賀・長崎県野母崎の日本海沿岸2800㌔走破、九州最南端佐多岬ヘ、青森大間崎から太平洋沿岸久慈海女ちゃん小袖浜へ更に陸奥海岸復興視察ランで女川へ
・サロマ100㌔ウルトラマラソン4回完走、
・札幌スキーマラソン50キロ15回完走、
・オホーック85㌔スキーマラソン11回完走、
・ヒマラヤ カラパタール5545m、ゴーキョピーク5357m登頂。
・エベレストBCへ2度(チベット側チョロランマ、ネパール側サガールマーター)
・国際潜水教師協会理事(NAUI)元インストラクターDr、
・他に北海道、東京、ホノルル、洞爺、千歳、網走等のフル、利尻一周55㌔マラソン等など完走、自転車、水泳、カヌーなど
平成 2017年 3月 現在
インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人

2012年04月30日

30日米子市皆生温泉から松江城

今朝気温20℃涼しいそう、湿度は高い。後2日、松江市から応援と道先案内ランナーとしてMHさんが参加してくれた、これで安心してる、隠岐島過酷ウルトラの完走の強者、私の旅ランのペースに合わせてくれ助けられながら県境の境湊大橋に到着、NA.kh二人で競うように先をり見えない。橋の上の県境を超え今回旅ランの最後の島根県入り頑張ろう、日本海側の隠岐港路の七類港へ山越、ここで昼食、松江城まで後20Kmぐらいだ頑張ろう、突然雨になるゴミ袋をかぶり、日本海側はアップダウンの連続でバテ気味、蒸し暑い、綺麗な漁村集落が疲れを癒やしてくる、宍道湖側中海に戻り湖岸を、大山と境湊大橋が見え素晴らしい景観、松江市へ入る長い登りが続く、下りそろそろ市内だろうと思ったらまだまだ先がある、道路表示を見るて松江市から境湊は27Kmあることが解る、今日の予定は38Kmであったがそれだと、なんと45Kmある…途端に疲れが…今朝でる時は松江城の天守閣へ駆け上りゴールと考えたが城の下に訂正、ようやく城の掘りへ城内に入るそから急な登りが続く松江城に到着。そこで待人あり、松江美人の出迎え、kHさん松江勤務時代の部下…更に美人OBのお茶席の歓待、抹茶、、、美味い…ラン後に合うとは発見です、疲れは吹き飛んだ、ご馳走様ありがとう…明日最後の、楽しく行こう。金作頑張ろう。
  

Posted by 走るキンサク at 22:11Comments(0)旅ランの感走記

2012年04月29日

29日東伯から米子市皆生温泉

舎で特徴が無い町、東伯からで話題が無い。ここからの鳥取の沿岸は名勝史跡もない…を沿道で売っている、おばあちゃんがをご馳走してくれた、美味い暑さと疲れには酸味が一番です。今日は暑く大変でした、米子市に到着、今日のホテルにザックを預けて弓ヶ浜までタクシーで6Km移動しホテルへ戻る。今日は40Km疲れました。
  

Posted by 走るキンサク at 20:49Comments(0)旅ランの感走記

2012年04月28日

28日鳥取宝木から浦安

今日も快晴、朝から清々しいラン日和、そして伴走kHさんの参加、相棒は最高の力になります、感謝、、ありがとう。鳥取駅から電車で昨日着いた宝木駅へ移動しそこから浦安東伯へ向かう、駅長から激励されパチリしスタート、国道9号線は狭く車で満席で危ない慎重に、鳥取から米子市までは地図では平坦と喜んでいたが当てはずれでアップダウンの連続、ハワイに到着、鳥取のです、ソフトバンクのTVコマーシャルで糸電話を使っていると紹介され、問題となった地域でした、皆さん携帯電話それもソフトバンクでないようです?、ハワイで昼食、こから東伯まで18Km、むかし懐かしい風景の天神川を渡り砂丘の北栄町へ入る、砂地で作物が育たない所を各畑にスプリクラ-を農地整備し今ではねばりっこ(ながいも)、、ラッキヨを栽培しいずれもブランド化して農業生産を上げている、人は苦しむと知恵だすんだな…て苦しんむ馬鹿もいるが…ここから東伯まで10Km頑張ろう、しかしれども浦安東伯に着かない予定の時間は過ぎた、4時は過ぎた、更に…5時前に到着、距離測定の間違いで40km以上有りました。
  

Posted by 走るキンサク at 21:29Comments(0)旅ランの感走記

2012年04月27日

27日鳥取東浜から砂丘そして宝木

今日は朝から快晴、予報では気温20℃、朝は涼しく寒いぐらい、天気、体調もベスト、夕方KHさんと鳥取で合流できる、頑張ります、鳥取県は涼しい、、味方してくれ県民上げて応援のよう、鳥取砂丘を目指して…四七山峠を超え下り砂丘海岸道へ、このあたりは有名なラッキヨの産地で一面が畑、砂丘オアシスの看板、GWに向けて臨時駐車場も設定、しかしそれらしい砂丘は無い、これが日本一か!?、職員に尋ねる、馬背砂丘はこの先です、登りになる砂丘、ここで見学で砂丘に登りました、久しぶりに元気な姿をパチリ、1時間も遊んでしまい、急ごう昼食は後でと鳥取空港へ向かう。手前でガス欠、持参の緊急食を食べながらコンビニに入り昼食、こから宝木まで後15Kmぐらいか3時半には着きたい、思うよに無い、ここ数日はザックを預けて後半は身軽でつている、疲れにザックは重い、宝木はまだと…心が叫ぶ、白神話の白兎神社、、、毛皮を剥かれたが神様に助けられた神話の神社、私も疲れた神様助けてと参拝して、この先の検討が付かない、集落に着くたびに期待、しかし違う、この次はと願を掛ける、今度こそは…宝木でした、3時半着、鳥取へ戻る電車は53分、間に合った・・・・ローカル線は1時間に一本ぐらいですラッキー!、鳥取でラン友KHさんと会い乾杯し明日の健脚を祈る。35Kmでした明日から松江市から迎えに来てくれるザックは島根応援隊が運んでくれる、身軽になれる白神様のよう…助かります、
  

Posted by 走るキンサク at 21:33Comments(0)旅ランの感走記

2012年04月26日

26日佐津から居組、遂に鳥取東浜へ

昨夜から強風、今朝更に台風並み、余部橋梁前後は電車は不通、昨日とは一転して気温は低くロングタイツを履く、山おろしの凄まじい風、飛ばされ無いよう恐る恐る、香住から峠越え、余部へ、凄い風、飛ばされそう、ここは余部橋梁から強風で貨物車が飛ばされ落下、下の水産加工場の社員6名が亡くなった事件がありました、なるほど山おろしの強風の名所です、報道では風速30mで電車は不通です、そけから浜坂まで長い登り、向かえ風、助けてと叫びたい、誰も居ない、峠え越えるて風は無い、しかし昼は過ぎた、浜坂手前のコンビニで昼食、今度は雨、浜坂から今日の宿の諸寄へ、ここでザック預けて身軽になり電車で東浜へそこから雨の中曲がり曲がりの海岸道を峠越え、車も通らない…居組バイパス道の近道がある、車専用で禁止、旧道の険しく長いとなりました、宿に戻ったのは4時半でした、夏日、強風、雨、峠…何でこんなにイジメルのか、兵庫県は俺に恨みがあるらしい…息子が住み、お世話になっているからか!?、しかし兵庫県から遂に抜け出し東浜の鳥取県入りしました。明日夕方KHランナーと鳥取で合流です孤独は明日1日です、会うのが楽しみです。
  

Posted by 走るキンサク at 20:32Comments(0)旅ランの感走記

2012年04月25日

25日久美浜湊宮から兵庫県入り但馬海岸道を佐津柴山まで

今日は予報では夏日28℃恐ろしや… 覚悟して気力で…久美浜から但馬海岸を津居山湾、竹野、佐津、柴山まで35Kmます。昨日走った三原峠まで宿の主人が車まで送迎、助かりました[時の宿まつだ]ありがとう、ここから兵庫県入り、京都府海岸は苦戦しましたが攻略走破、津居山は大きな漁港があり立派な町、ここから急坂の登り旅ラン最大、標高200mはあるだろ、夏日!、この先は集落は10Km無い、水ボトル1本持つが不安、但馬海岸道はとんでも無い難所、平家の落人集落跡が山奥の入江に囲まれたところにあり昭和22年に発掘された、これは秘境、入江を曲がり、曲がり、喘ぎ竹野に到着、北前船で栄えた町、砂浜がとても綺麗、浦島太郎の里浦のよう、ここから佐津まで峠、峠、…勘弁してください、午後少し気温が涼しくなり救われる、佐津宿にリックを預けて電車山陰線で隣駅柴山まで移動し戻る、少ししでも稼ごう、明日は小雨涼しい…微笑み…
  

Posted by 走るキンサク at 20:34Comments(0)旅ランの感走記

2012年04月24日

24日、京丹後間人から久美浜湊宮へ

今朝から晴天、少し靄が掛かって霞、大陸くからの黄砂の影響のようです、暑くなりそう予報は25℃、夏日の訓練にしよう、間人から昨日走って来た三津までで移動、車内通学の高校生で一杯、途中から杖ついたおばあちゃんが乗ってきた誰も席を譲らない、とんでも無い高校生だ、高齢者の私が譲る、、全くの無関心に驚く、何処の高校かな?、三津で降りる、小浜から細い海岸線へ集落ごとにアップダウン、まだ慣れてない足にはキッイです、小さな漁村集落の磯に到着、なんとここは義経の愛人静御前の故郷の地、義経追放され後、ここ故郷で一人待ちながら若くして亡くなった悲しい愛情物語があります、NHK大河ドラマ清盛にこれから登場します、静神社に静御前をお参り、ここは八重桜が満開、美しい静の姿か…彼女のような声のウグイスの鳴き声…一句[京丹後の磯の浦、義経恋しと泣き叫ぶ、静な不如帰]。磯からの海岸線は静の恨みか、とんでも無い厳しい登りの七竜峠が待つてました、バテバテで浜詰へ、ここは夕日ヶ丘浦の温泉地、ここまで何も無い田舎、ようやく蕎麦にありつける、食堂を探し道に迷い久美浜への曲がり道をとおり過ごす、戻り久美浜へ宿の湊宮は天橋立の上に漁村集落があるのと同じ地形て小天橋もありそこが日本海と久美浜湾を繋いでいる、古い歴史の湊であり素晴らしい宿がありました、[時の宿まつだ]網元の古民家を元にリニューアルした落ち着ける、料理が美味い、風呂も素敵です。
  

Posted by 走るキンサク at 19:41Comments(0)旅ランの感走記

2012年04月23日

4月23日旅ランの始まり出雲大社へ参拝に

今朝札幌5時半に家を出る、伊丹空港から宝塚へJRで福知山、乗り換えて昨年秋に息子夫婦とた、懐かしい天橋立へ丹後鉄道で網野、で間人(たいざ)に着きました、とんでも無いのどかな田舎へ、走る阿呆は来たもんだ、明日ここから走ります、気温は札幌と比べ10℃以上高い、寒冷地仕様の雪男は夏気温に耐えれるか不安です、網野から明日海岸線にでる、ここ三津で降り間人までり少しでも稼ごう、7Km程走り間人漁港へ夕方到着、気温20℃暑い、聖徳太子の生母が疎開していたとあって風光明媚です、
  

Posted by 走るキンサク at 17:08Comments(0)旅ランの感走記

2012年04月21日

旅ラン305キロの最終調整。18・19・21日

18日 ランザックで真駒内公園へ、15㌔、帰りに今回の旅に向けて新調した靴が右足の親指が少し当たる、これでは擦れて途中で水ぶくれが出来そう、、指の当たる部分に切れ目を入れ、、中敷を調整する、これで良いだろう、
19日 靴の調子を見よう、そして旅ランへ向けての走り込みの疲れを取りにスパー銭湯「花湯ずき」へ、ここの炭酸湯が中々効果がある、靴の調整もビッタリだ!これで良し。4㌔
21日 円山公園一周、疲れを残さないように短い距離で体をほぐし足休めです、6㌔明日は日曜日は走らない、、23日からの旅ランへ備えます、今回は昨年食あたりで退座した間人(たいざ)から兵庫県日本海側から鳥取、境港、島根の宍道湖を回り、出雲大社へお参り305㌔の旅ランです。途中から東京からKHさん、武蔵NAさんが鳥取で迎えてくれ参加してくれる又鳥取の兵ランナーが参加、島根県の友人が応援、サポートをしてくれます、大変ありがたいことです。鳥取までの4日間は単独走で寂しく孤独です、鳥取で迎えてくれる笑顔を思い浮かべ力に頑張ろう!、元気で行ってきます!  

Posted by 走るキンサク at 17:36Comments(0)日々のラントレ・・・感走記

2012年04月16日

14,15日ランザックで旅ラン調整

・14日天気は最高、気温が高くラン日和だ!旅ラン仕様のザックを背負い真駒内公園へ、途中で先輩ランナーSTさんに会う、昨年から80歳を迎え走れないと聞いていたが、再起を目指して歩きから訓練をしている、、凄いな自分の70歳なんて若造ランナーだな、、何と私と同じ70歳でSTさんはサロマ100で9時間切っている名ランナーです。頑張ろう!公園内を2周して豊平川河川敷藻岩山側を走る、対岸は今だ雪があり走れない、GWでも無理かな、、久しぶりの21㌔を走る、㌔8分で走り旅ランの調子を見る、、、24日から8日間で約300キロに耐えれそう、、
・15日 今日も天気が良い昨日より更に気温が高いがラン日和、、旅ランの山陰沿岸は気温20℃位になりそうであり、今までの寒冷地仕様ではオバーヒートになりかねないので気温が高い日も走らなければ、、、それでも12℃問題だな!真駒内公園を回り18㌔、途中KTさんに会う、何時ものブラックタイガーの顔で無く、冬型の白クマの様に白い、、、これから磨きを掛けて黒光りランナーになるだろう、、、  

Posted by 走るキンサク at 17:45Comments(0)日々のラントレ・・・感走記