さぽろぐ

  スポーツ  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


プロフィール
走るキンサク
走るキンサク
 氏名    橋    金作
        走 る キンサク(75歳)

●主な役職
株式会社エコニクス創業相談役
㈱沿海調査エンジニヤリング相談役、 
(財)電気保安協会 理事、
(元)北海道経済連合会常任理事
●趣味スポーツ歴
・日本海沿岸走5800㌔走破
 北海道沿岸道3000㌔走破、
 青森竜飛岬から青森・秋田・山形・新潟・富山・石川・福井・京都・兵庫・鳥取・島根・山 口・福岡・佐賀・長崎県野母崎の日本海沿岸2800㌔走破、九州最南端佐多岬ヘ、青森大間崎から太平洋沿岸久慈海女ちゃん小袖浜へ更に陸奥海岸復興視察ランで女川へ
・サロマ100㌔ウルトラマラソン4回完走、
・札幌スキーマラソン50キロ15回完走、
・オホーック85㌔スキーマラソン11回完走、
・ヒマラヤ カラパタール5545m、ゴーキョピーク5357m登頂。
・エベレストBCへ2度(チベット側チョロランマ、ネパール側サガールマーター)
・国際潜水教師協会理事(NAUI)元インストラクターDr、
・他に北海道、東京、ホノルル、洞爺、千歳、網走等のフル、利尻一周55㌔マラソン等など完走、自転車、水泳、カヌーなど
平成 2017年 3月 現在
インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人

2013年11月29日

29日、今日は飛騨の高山に来てます、

高山も峠は雪でした、冬の寒さ札幌以上です、
写真が横になってます見づらく御免なさい、横に反転して送信しているのですが、、、上手くいかないようです。
28日、今日から30日まで愛知、岐阜、富山県へカミオカンデ・エコタウンなど視察へ来てます。
飛騨高山の古町を朝暗い内から見学してます、朝市も寄ったのですが早すぎて店じまいでした、歴史ある昔の旅街道の町並みは素敵です、特に外国人が多く訪れてました、、日本の和文化が人気が高いことが伺いました。
岐阜神岡鉱業の鉱山跡に作られた、宇宙の根源、全ての物種の元は何かを探る宇宙素粒子研究施設、坑道を2U+3314車で移動して1000mの地下に造られたおよそ50m四方の地下研究施設でしたでした、陛下を初め総理、ノーベル賞受賞者など著名人も伺った普段見学できない東大の研究所であり多くの外国の学者も参加する国際的にも注目されている研究施設でした、しかし物理の知識に乏しい私には難しくよく理解はできませんでしたが見学で感じたことは、ここは神岡と言いますが正に宇宙を創造した神を探る、神の領域に入り込む施設であり、何か恐ろしさを感じてきました。
他小水力発電で村おこしの白川村、白川合掌造りの里、などを視察してきました、山の峠は雪で札幌と変わらない寒さでした、、、
  

Posted by 走るキンサク at 08:04Comments(0)旅ランの感走記

2013年11月21日

怪我から回復、初冬のラン


21日、昨日に続き今日も怪我からの回復を確かめるように走る、2週間以上かかりましたが肋骨も、首のむち打ちも回復しました、ご心配ありがとう皆様のお蔭です。今日は雪の予報でしたが晴れて気持ちが良いです、、藻岩の山も冬枯れで寂しい景色です、、何だか自分を見ているようです、、、この中にも美しさが無いか眺めると、、侘び、寂びのの水彩の日本の美が見えます、、、爺臭くなくこの様に走ろう、、、こんなことお思い真駒内公園往復15㌔でした、、  

Posted by 走るキンサク at 14:26Comments(0)日々のラントレ・・・感走記

2013年11月20日

ドック明けラン、友遠方より来る。

20 日、人間ドック明け初めてのラン、ラン友Nの朝駆けを迎え打とうと5時から起きて待つ、6時過ぎに突然電話、今サッカーベルギー戦を見ているから少し遅れると連絡、、、、日本時間4時過ぎからTV放映されている、、、早速観戦、、、3対2で勝っているではないか、、、、凄い!、今日の走りは試合後にしよう、、、、見事勝利でした、、その勢いで走ろう、、、、しかしNは元気です昨日まで連日剣道をし、仕事も済ませ、札幌へきて朝からラン、、、夜寝てないのでは、、、Nは7時過ぎに自宅へ到着、ここから札幌駅傍まで伴に走る、今日はそれほど寒くなく快適なラン日和です、、寒さにも慣れてきたのか、、、自宅へ戻る、12㌔、ドック後の初ランでしたが3日間絶食で体が軽く調子は良いです、普段食べすぎのようです、、、時々絶食をすべきなようです。  

Posted by 走るキンサク at 14:19Comments(0)日々のラントレ・・・感走記

2013年11月17日

ラン旅の締切に人間ドック検診へ

今年で日本海沿岸の走破を終え診へ、15日より17日までドック入りしてました、3日間絶食させられ上から下からカメラを入れられました、病室でTVの食事番組を見ると空腹で耐え難く…「食う即是空」と念仏を唱え耐え…食べる放映の多さに驚かされました、。
実は3年ほど前の検診で腸にポリプが見つかり様子を見まししょうと言われておりましたが、やはり見つかり切除しました、他はお陰様で今のところ循環系も内臓も問題はないようです、詳しくは1週間後の検査結果です。これで来年へ向けて安心して走れます、、、これから冬は室内でスピード練習をして春からは洞爺・千歳又夏の道マラフルへ向けてて鍛えなおします、来週から練習再開です。  

Posted by 走るキンサク at 16:08Comments(0)日々のラントレ・・・感走記

2013年11月15日

走り再開、何とか回復

14日、肋骨ひび入りから10日経ち恐る恐る走りへ、ヒビいて走れなかったが何とか走れるようになりました、万歳!icon88真駒内公園へ15㌔、しかしこの間に寒くなりました手袋を2枚重ねて走る、
九州までの沿岸旅ランも終わり、明日から人間ドックへ入り検診です、ここ10日走らなかったので体重が増えたがこれから3日間殆ど絶食ですからこれで減量できる、、、来週からまた走ろう、、、今回の事故は本当に危なかった命を落とすとこでした、私の守護神に感謝します、ありがとう!、  

Posted by 走るキンサク at 07:16Comments(0)日々のラントレ・・・感走記

2013年11月07日

脚立からバックドロップで落下、命拾い。

11月連休は走ろうと意気込み!、
・2日、初雪が降ると覚悟していたが今年は遅く、割に暖かくまだ紅葉を楽しめる、真駒内公園へ15㌔走る、常連ランナーのKTさんとは最近会わないのでどうしているかと探しながら来た、見当たら無い、どうしたのだろう夏の疲れで体調を崩しているのではと心配していたら突然公園のトイレから現れる、相変わらず元気、、、、安心しました。
・4日午後から走ろうと午前中家内の実家の雪囲へ、昼までに片付けよyと急ぎ脚立を立て作業、、、脚立が横に倒れその上からバックドロップで落下、肩首、頭を地面に打つ、、息ができない!、倒れたまま気を取り戻し体のダメージを確認、、、打ち所が良かったようで首のむち打ち症のようで痛いが機能的には幸いにも大丈夫でした、、、、やはり年ですね、以前は倒れる同時に飛び降りるなど対応ができたのに、、、、構えることもできずドタット落下するとは情け無いです、何とか作業を済ませ、、、家で湿布、痛め止め薬、休息、、、
・5日、翌日、、、体が痛くマッサジーを頼む、、、肩が凝ったように痛い、、、こんな時は走って解そうと円山公園を10㌔走る、、、思ったていたより走れる、、、体が解れ快調になりました、夜TVのニュースで「65歳柿取りで脚立が倒れ落下死亡」と報道、、、危なかった、、、運が良かった、、、感謝です。
・7日、午後走りへ出かけるが、、、肋骨が響き痛く走れない、、、5日走れたのになぜ?、、、落下の衝撃で肋骨損傷か?、老人はは痛みなど数日ごに現れると聞くが、、、その通りのようです、、、祖母も階段から落ち同じだったことを思いだす。、、、残念ながら少しランを止め静かにしてます。
  

Posted by 走るキンサク at 15:08Comments(0)日々のラントレ・・・感走記

2013年11月01日

提言、海の砂漠を救おう、植藻PJ

11月に入りいよいよ冬ですが、初雪はまだです。今日は仕事があり走りはお休めです。
今まで北海道、本州日本海沿岸5800㌔を走ってきましたが、多くの藻場は減少し私が子供のころの豊かな浦は消えておりました、
そこでもう一度日本の浦里を復活させようと積丹半島の神恵内村が立ち上がった「藻場ランド」PJを紹介します。
「海の砂漠化を救おう・・・藻場LAND事業」
多くの企業が地域と共同で山に植林を行う事業が進められております、私ども会社エコニクスの提言により海の沿岸で行う植藻活動です。
「海の森・藻場」は陸域の森林と同じく環境を保全し水産資源の恩恵を私達へ与えてくれます。
しかし全国の藻場は磯焼けが進み、2000年までに22.1%失われ約16万haとなり現在も減少し続けております。
特に対馬暖流の影響を受ける日本海側では海藻類が消滅し海底が真白くなる「海の砂漠化」が広まり水産資源へ大きな影響を与え
ております。
「藻場の役割」
・CO2の固定(全国藻場により年間200万t、1ha当たり12.5t)・水質の浄化(1で5万人/日下水処理担当)・水産資源の保全(産卵場、幼稚仔の保育場、餌場)・酸素の供給・多様な生物種の保全・海岸線の保全境保全。

マリノフォーラム資料においてなど藻場の経済効果は、全国平均では1m2当り約2万円(1ha当り2億円)と試算されております。全国の藻場面積は16万ha(1990年は約20万ha)に減少しましたが、その効果は凡そ30兆円を超える莫大なものであります。
「藻場減少の原因」① 埋め立てによる浅場の喪失。② 汚染による透明度の低下。③ 化学物質等による水質悪化。④ 温暖化に伴う豊かな海流の消長による栄養塩の低下。⑤ ウニ等の藻食性動物による食害。特に北海道においてはウニ類(キタムラサキウニ)による食害であります。
ウニは海藻を好み、特に春の海藻の芽を根こそぎ食べつくし磯焼けが起こっています。
「藻場ランド構想・・・神恵内村」
このような背景のもと、海に生かされている北海道西積丹の神恵内村で陸域での植林事業を海で行おうと村が漁業者、企業へ呼びかけ植海藻事業活動が全国で初めて開始されました。
これは、海の環境保全等に関心を持たれている企業と漁業者との協働による環境保全と漁業生産を高める海の森林(もり)づくり「神恵
内村藻場LANDプロジェクト」であります。
これら事業は多くの資金が必要でありその一部(一口50万円)を企業が補い、漁業者が主体となり海藻種苗生産・海藻の種まき・管理、
モニタリング調査評価を行う「海藻を守り、資源を増やす」活動であります。
獲る漁業から「耕す、育てる漁業へ」の脱却であり、それを企業が支え本道水産業の活性化と環境保全へ貢献する企業としての社会
的責任へと結びつけるものであります。(協賛社名プレートを藻場海底に設置)
これら藻場LAND事業で弊社㈱エコニクスは企画運営・技術開発研究に関わり、社の理念「人と自然の共生する生態社会において調和ある環境保全と利用開発を事業とする。」・・・環境ナビゲーション企業として事業へ参加しております。
これらの活動をオール北海道で広く進め、良好な環境保全と豊かな沿岸を育て食産業の活性化へ繋げたいと考えております。

巻頭言
北海道経済連合会常任理事橋金作 株式会社エコニクス会長
道経連会報No.227 CONTENTS
海の砂漠化を救おう・・・・藻場LAND事業
  

Posted by 走るキンサク at 15:43Comments(0)日々のラントレ・・・感走記