さぽろぐ

  スポーツ  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


プロフィール
走るキンサク
走るキンサク
 氏名    橋    金作
        走 る キンサク(76歳)

●主な役職
株式会社エコニクス創業相談役
㈱沿海調査エンジニヤリング相談役、 
(財)電気保安協会 理事、
(元)北海道経済連合会常任理事
●趣味スポーツ歴
・日本海沿岸走5800㌔走破
 北海道沿岸道3000㌔走破、
 青森竜飛岬から青森・秋田・山形・新潟・富山・石川・福井・京都・兵庫・鳥取・島根・山 口・福岡・佐賀・長崎県野母崎の日本海沿岸2800㌔走破、九州最南端佐多岬ヘ、青森大間崎から太平洋沿岸久慈海女ちゃん小袖浜へ更に陸奥海岸復興視察ランで女川へ
・サロマ100㌔ウルトラマラソン4回完走、
・札幌スキーマラソン50キロ15回完走、
・オホーック85㌔スキーマラソン11回完走、
・ヒマラヤ カラパタール5545m、ゴーキョピーク5357m登頂。
・エベレストBCへ2度(チベット側チョロランマ、ネパール側サガールマーター)
・国際潜水教師協会理事(NAUI)元インストラクターDr、
・他に北海道、東京、ホノルル、洞爺、千歳、網走等のフル、利尻一周55㌔マラソン等など完走、自転車、水泳、カヌーなど
平成 2018年 3月 現在
インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人

2018年05月12日

震災復興視察、旅ラン相馬松川浦鵜の尾崎ゴール

5/11今回の相馬への旅ランのゴールはここから先2㌔にある鵜の尾崎灯台です、朝五時から帰札前に向かう、天気も良く、晴天の青空、icon01、、
何て皮肉な天道様、これがゴールしなければ得られない、、、ゴールの金メダルか!、素敵な大橋に登る朝日、手を合わせ無事到達の感謝、すがすがしい気持ちで橋を渡り防潮堤の横を通り灯台へ、トンネルを潜ると対岸へ続く約8㌔の嵩上げされた防潮堤、その上は自動車道と歩道に整備されている、ここから先は徒歩通行禁止の原発事故の南相馬の浪江へ続く。
鵜の尾崎岬灯台へ上る、相馬港が一望できる、、絶景です。
福島は未だ復興工事が行われ遅く感じるが、防潮堤等と生活空間の調和を考えた設計となり防災と緑化がバランス良く進められている、ハードな防潮提建設を一気に進める考えとは違っていることが特に目に付きました、正宗の構想の貞山堀は津波で破壊されていると思つておりましたが、復旧され保存されており今後の観光レジャー資源として新たな利用を考えるべきと思います、又長い長い万里の長城のような防潮堤はいち早く宮城県沿岸は完備されましたがその内側の生活空間の環境整備と多機能な利用を今後は模索すべきと思います。
津波破滅した多くの沿岸漁村は集落そのものが滅亡され更地のままでした、震災のメモリーとして残された学校等があるだけで、多くの住民は高齢者で他への移住の道しかなかったと思われます。そのことから地図にはある集落が見当たらなく昼食で苦労しました。
皆さんの応援励ましで無事140㌔の旅ランを終えることができました、、感謝いたします。
東北震災復興視察の旅ランはこれで終わります。・・・有難うございました、札幌へ帰ります。




  

Posted by 走るキンサク at 13:32Comments(0)旅ランの感走記