さぽろぐ

  スポーツ  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


プロフィール
走るキンサク
走るキンサク
 氏名    橋    金作
        走 る キンサク(76歳)

●主な役職
株式会社エコニクス創業相談役
㈱沿海調査エンジニヤリング相談役、 
(財)電気保安協会 理事、
(元)北海道経済連合会常任理事
●趣味スポーツ歴
・日本海沿岸走5800㌔走破
 北海道沿岸道3000㌔走破、
 青森竜飛岬から青森・秋田・山形・新潟・富山・石川・福井・京都・兵庫・鳥取・島根・山 口・福岡・佐賀・長崎県野母崎の日本海沿岸2800㌔走破、九州最南端佐多岬ヘ、青森大間崎から太平洋沿岸久慈海女ちゃん小袖浜へ更に陸奥海岸復興視察ランで女川へ
・サロマ100㌔ウルトラマラソン4回完走、
・札幌スキーマラソン50キロ15回完走、
・オホーック85㌔スキーマラソン11回完走、
・ヒマラヤ カラパタール5545m、ゴーキョピーク5357m登頂。
・エベレストBCへ2度(チベット側チョロランマ、ネパール側サガールマーター)
・国際潜水教師協会理事(NAUI)元インストラクターDr、
・他に北海道、東京、ホノルル、洞爺、千歳、網走等のフル、利尻一周55㌔マラソン等など完走、自転車、水泳、カヌーなど
平成 2018年 3月 現在
インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人

2018年05月26日

帰国後ラン、札幌は良いですね。



韓国から戻り、真駒内、円山公園のラン、6月3日の千歳ハーフへ向け、22日18㌔、24日8㌔、25日18㌔と走り込み。
札幌の新緑は目に優しく良いですね、癒されます。
  

Posted by 走るキンサク at 13:19Comments(0)日々のラントレ・・・感走記

2018年05月20日

17日から韓国インチョンへ来てました。

韓国の国際都市インチョンへ来てました。国際都市へと変貌した国際ハブ空港の韓国を代表する新都市です、中心街にはニューヨークをイメージしたセントラルパークがあり一周約6kmの素晴らしいランコース的な遊歩道があり毎朝5時から走ってました、ニューヨークセントラルパークで走っている見たい?行ったことないですが、韓国へは30年前に、20年前に2度と今までに3度来たことがありましたが、インチョ
ンの都市へは初めてです、韓国の国際ハブ空港の都市でセントラルパークを囲むように高層50階以上はあるオフィスビル、マンションが建ち並ぶ新興の若さがみなぎる大都市です、都市周辺には数百棟の高層マンション群、車道は片方3車線、車で溢れ、ショッピングセンターはお客様で一杯、日本のかつての姿です、更にビル建設が大手財閥企業により競うよに進められており不動産バブルが心配になります、兎に角凄い‼️。ソウルにも行って来ましたが都市が飽和状態で都心部へ車が入れない、人も建物、車も溢れており過剰です、バブル爆発寸前❗️。農業文化歴史村を見学、弥生時代に持ち込まれた日本農業のルーツを観ることができ懐かしき昔の農村、日本の曙の歴史を感じて来ました。今日本が忘れた、かつての活力と若者の輝きを垣間見ることができました、日本の若者頑張れ‼️。



  

Posted by 走るキンサク at 06:48Comments(0)旅ランの感走記

2018年05月12日

震災復興視察、旅ラン相馬松川浦鵜の尾崎ゴール

5/11今回の相馬への旅ランのゴールはここから先2㌔にある鵜の尾崎灯台です、朝五時から帰札前に向かう、天気も良く、晴天の青空、icon01、、
何て皮肉な天道様、これがゴールしなければ得られない、、、ゴールの金メダルか!、素敵な大橋に登る朝日、手を合わせ無事到達の感謝、すがすがしい気持ちで橋を渡り防潮堤の横を通り灯台へ、トンネルを潜ると対岸へ続く約8㌔の嵩上げされた防潮堤、その上は自動車道と歩道に整備されている、ここから先は徒歩通行禁止の原発事故の南相馬の浪江へ続く。
鵜の尾崎岬灯台へ上る、相馬港が一望できる、、絶景です。
福島は未だ復興工事が行われ遅く感じるが、防潮堤等と生活空間の調和を考えた設計となり防災と緑化がバランス良く進められている、ハードな防潮提建設を一気に進める考えとは違っていることが特に目に付きました、正宗の構想の貞山堀は津波で破壊されていると思つておりましたが、復旧され保存されており今後の観光レジャー資源として新たな利用を考えるべきと思います、又長い長い万里の長城のような防潮堤はいち早く宮城県沿岸は完備されましたがその内側の生活空間の環境整備と多機能な利用を今後は模索すべきと思います。
津波破滅した多くの沿岸漁村は集落そのものが滅亡され更地のままでした、震災のメモリーとして残された学校等があるだけで、多くの住民は高齢者で他への移住の道しかなかったと思われます。そのことから地図にはある集落が見当たらなく昼食で苦労しました。
皆さんの応援励ましで無事140㌔の旅ランを終えることができました、、感謝いたします。
東北震災復興視察の旅ランはこれで終わります。・・・有難うございました、札幌へ帰ります。




  

Posted by 走るキンサク at 13:32Comments(0)旅ランの感走記

2018年05月10日

亘理鳥の海から旅ラン終着の 福島相馬松川浦へ

朝から曇り、気温10°、しかし昨日より暖かい、鳥の海は震災で破滅し、ホテルだけが残った漁村集落で周りにはホテル以外何やもない、それを確かめるように約4k、湖を一周する、鳥は見あたらない、鳥の海?、防潮堤上を福島相馬をめざしラン、、何処まで続くか?・・・
途中から雨☔️になる、、勘弁してくださいよ、走りに出かけると雨のジンクス、雷神がここまで追いかけてきたか❓、「雨もまた良し富士山」だ!
宮城と福島県境で防潮堤は終わり崖に突き当たる、それをよじ登り県境の道路へでる。
福島県新地は工事中であり沿岸道は通行止め!それは車だろうと無理やり泥まみれになりながら歩く、福島県は防潮公園と組み合わせた津波対策の考えを基本にしているようで時間が掛かっている。相馬港湾は火力発電所等様々な港湾施設があり大きいですね、驚き‼️。松川浦は島への大きいは橋が架かつておりその先対岸への防潮堤へと繫がり、上は自動車道になっており約8㌔繋がつてます、素晴らしい。
無事今回の旅ランは終わりました、励ましありがとうございましたた。
暑さを避けGw後にした筈でしたが、、涼しくなるよう願い過ぎ、冬となり雨☔️、風、寒さにイジメラレた旅ランでした、、正宗構想の貞山運河は復興されており、万里の防潮堤も宮城県はほぼ完成、破壊された集落は更地のままが多く目立ちました、高齢者は再建の意欲が乏しい、❓?、、今回の旅ランは1日30kmを目処にしましたが、それでもきつく感じました、矢張り後期高齢者でした、、己れを知りました、多くのアクシデント、雨☔️、寒さ、迷い道、等々皆楽しい思い出




  

Posted by 走るキンサク at 20:53Comments(0)旅ランの感走記

2018年05月09日

仙台七北田川から亘理鳥の海へ雨☔️

長い長い防潮堤、朝から雨☔️寒い北風、夏日を覚悟して準備をしてきた、山は雪が降る、数十年ぶりだ、持つて来た物を全て着込みカッパを被りひたすら走る。雨☔️で先が見えない、何処まで続く万里の長城?汗と雨☔️で体、靴、手袋等グショグショそして10kgはあるザックが濡れ更に重くなる、、、頑張れ¨¨と言い聞かせ走る、サロマ湖100はこんなモノではなかった!名取川の手前で立ち入り禁止、ここから戻り国道10へ嵩上げ工事のダンプカーが行き交う危険⚠️、注意しながら名取川橋を渡り河口の閖上漁港へスマホマップによるとここにレストランがあるはず無い、この漁村集落は震災で全滅、昔は有りました、今日も昼飯無し?港に朝市があるようだ、食堂があるか?店は沢山あるが全て閉まっている、この先は再び防潮を走る、勿論何にも無い!国道へ戻りコンビニか、、朝市は朝だけか?産直店がある、何と食事ができる、ラ―メンを食べ温まる、ここから貞山運河沿いに防潮を仙台空港を横切り阿武隈川へ向かう、この先立ち入り禁止らしい?しかし道路へ出るには運河を渡らなくてはならない、、橋は見当たらない、、戻るしかないようだ、どうする⁉️迷う、戻れば飛行場へ出る橋と小道があるようだ、戻ろう、
仙台飛行場へ来た?中は暖かい快適、、ここからどうする、亘理鳥の海まで走れるか、、4時は過ぎるだろう、、、仙台へのアクセス電車があり名取駅まで戻り乗り換えると常磐線で亘理へ行くことができる、誘惑が過ぎる、、ここでリタイア!、早くホテルへ、、今夜の温泉に負けました、年の衰えを感じる、、誘いに弱いな・・




  

Posted by 走るキンサク at 20:56Comments(0)旅ランの感走記

2018年05月08日

塩釜から七ケ浜、仙台港、七北田川26km



昨日夕方より降り続いた雨☔️、朝には止む、曇り寒い10度、北海道から寒さを持つてきたか?雨☔️を覚悟していたので喜び、七ケ浜へ、港へ向かい松島湾から仙台湾への貞山運河を見に、震災後も健在、正宗殿様立派です。
七ケ浜町へ沿岸業界集落は津波で破滅し高台へ移住した高級宅地住宅、立派です。破滅集落後は海浜公園となりサ―ファ―の若者ビ―チとなりハワイのようです、集落の浜は立派な防潮堤が建設され楽しく走れる✨、津波に耐えた防風林が生き残ってます、樹齢の若い松が斜めになりながらも‼️奇跡の防風林です、頑張ったな❗️、今日は寒いので昼前は温かい物をと食堂をスマホで探す、3kmほど先に蔵ラ―メン店がある、、、旨そうだ、腹はペコペコ、温かいラ―メン、寒い時これ、、、我慢して走る、何だ!定休日、、残念無念、セブンイレブンで親子丼を買いレンジでチンしてもらい、運河の堤防陰で一人食べる、、浮浪者見たい。これで元気☀️付け仙台港湾内を駈けて七北田川の高砂橋へ、今日はここがゴールです26kmほど昨日より短く楽でした、しかし今日のホテルはここから6km戻らなければならない、、結局32㌔、、、疲れた⤵️




  

Posted by 走るキンサク at 20:10Comments(0)旅ランの感走記

2018年05月07日

東松島矢本から本塩釜へ

航空自衛隊基地の側を通り鳴瀬川の橋へ、途中基地内撮影、スマホに保存できない、何故?、不思議です、故障か?。
鳴瀬川河口の北上運河、更にここから松島湾まで続く東名運河を確認、防潮堤を見て上を走り鳴瀬町へ、松島海岸への道を間違い迷いタイムロスし昼になる、腹ペコペコ、しかし食堂が松島町まで無いようだ❗️緊急食のカロリーメイトでしのぎ松島海岸へ伊達正宗資料館、五大堂、瑞巌寺を見学し終わると雨☔️大降り、お寺のおじさんが傘をくれた、、松島の人は優しい、お寺の忘れ物か?失礼しました、、遅くなり塩釜へ無事到着。運河も復興され堀沿い、防潮堤の上も走れる。35kラン疲れた⤵️明日の力を充電しに寿司屋へ、魚、シャリ、握り、旨いホヤは松島名産、道産の三倍もあり大きい、種が違う、、絶品です、ここ寿司徹の親父の腕は一流です凄い‼️







  

Posted by 走るキンサク at 21:51Comments(0)旅ランの感走記

2018年05月06日

石巻旧北上川の貞山運河から東松島矢本へ




昨夜深夜までの女子卓球のテレビ観戦、今朝4時起き、昼前北上川の貞山運河から走る、正宗の構想運河沿いに遊歩道があり素晴らしいラン道です、石巻港からは沿岸に沿い阿武隈川までねのおよそ100km(松島湾も含め)に及ぶ運河で日本1の長さ、福島と宮城、岩手の物流を考え経済活性を期待しましたが全て繋がるには明治始めまでかかりその後鉄道の利用で衰退したようで現在は利用されていない。石巻港の沿岸は震災津波で破壊されましたが港湾機能はほぼ復興整備されてました、港は防潮提の工事がされ分断され、立ち入り禁止が多く迷いながら東松島の矢本へ無事到着。
途中のら―めん屋優勝軒は旨かったたな、、、


  

Posted by 走るキンサク at 17:39Comments(0)旅ランの感走記

2018年05月04日

旅ランの安全祈願、北海道神宮へ参拝




足慣らしもかねて走り北海道神宮へ祈願、公園内でオシドリ(つがい)が懐いて寄って来る、人の善い優しい爺に見えたのか・・・手元に寄って餌をねだる?餌付けされた野生オシドリ、、問題です。
6日からの旅ランの無事を祈願して来ました、公園は花見✨、アジアの観光客、桜、花花で満杯‼️  

Posted by 走るキンサク at 13:22Comments(0)日々のラントレ・・・感走記

2018年05月04日

人慣れで餌をねだる鴨



  

Posted by 走るキンサク at 12:59Comments(0)