さぽろぐ

  スポーツ  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


プロフィール
走るキンサク
走るキンサク
 氏名    橋    金作
        走 る キンサク(76歳)

●主な役職
株式会社エコニクス創業相談役
㈱沿海調査エンジニヤリング相談役、 
(財)電気保安協会 理事、
(元)北海道経済連合会常任理事
●趣味スポーツ歴
・日本海沿岸走5800㌔走破
 北海道沿岸道3000㌔走破、
 青森竜飛岬から青森・秋田・山形・新潟・富山・石川・福井・京都・兵庫・鳥取・島根・山 口・福岡・佐賀・長崎県野母崎の日本海沿岸2800㌔走破、九州最南端佐多岬ヘ、青森大間崎から太平洋沿岸久慈海女ちゃん小袖浜へ更に陸奥海岸復興視察ランで女川へ
・サロマ100㌔ウルトラマラソン4回完走、
・札幌スキーマラソン50キロ15回完走、
・オホーック85㌔スキーマラソン11回完走、
・ヒマラヤ カラパタール5545m、ゴーキョピーク5357m登頂。
・エベレストBCへ2度(チベット側チョロランマ、ネパール側サガールマーター)
・国際潜水教師協会理事(NAUI)元インストラクターDr、
・他に北海道、東京、ホノルル、洞爺、千歳、網走等のフル、利尻一周55㌔マラソン等など完走、自転車、水泳、カヌーなど
平成 2018年 3月 現在
インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人

2008年06月26日

5/3 ゴーキョピーク5357m登頂

5/3ゴーキョピーク登頂(5357m)
朝4時起床、ゴーキョの朝は寒い、早速食事を済ませ6時から登り始め昼までに戻り、ここで昼食をしてマッチャルモまで下がる。HYさんは残念であるが勇気ある撤退で午前中にマッチャルモまで下山して夕方我々と合流する事にした。
登りの道が見えるがカラパタール(15年前登頂)よりもとてつもなく急である、
昔苦しんだ事を思い出し覚悟を決め登る、シエルパが心配して二人のカメラ(一眼レフ)、水、ザックなど全ての荷物を持ってくれる、、、大名登山である。多少躊躇いがあるが空気が下界の半分であり素直にお願いする。
一段とゆっくり、ゆっくりと登り始める、、、ゴーキョの湖が素晴らしい、、、
チョウオーの南に広がるゴジュンバ氷河、エベレストからのクンブ氷河より大きい、年々この巾は広がりを見せておりゴーキョは何れ氷河で削り取られる無くなるそうである。朝気温が低くチベットとの国境のエベレスト山群は曇っておりピークは見渡せない、、きっとゴーキョピークにたどり着く頃には晴れるだろう。
何度も休憩を取り登る、MTがトイレタイムを要望、、、ここは大きな岩も無く隠れるところが無い、道から外れる場所を探している、落ちるのではないかと心配、、危ない。用を足したところで他のトレッカーがそこに現れる、、、もう少しで出会うところであった、、、危なかったと叫んでいる。上の方に山頂のチョルテンが幽かに見える、、、あそこまでか、、、近くに見えるがこれが遠く苦しいのである、、、、必ずその前に最後の急な難所があるはずと言い聞かせ体力を残しながらゆっくり、ゆっくりと、、、ピークは近いチョルテンが見える、ここから一気に登り切る!9時30分登頂、私達二人をヒマラヤ岩ひばりが迎えてくれた。苦しさを覚悟をしていたことから15年前のカラパタールより楽であった。

ここ山頂は狭く大きな岩がゴロゴロあり腰を降ろせるところが少ない、空気も薄くふら付いており岩の上を歩くのが難しい、、、矢張りここで転んでしまい、滑落の危険でポーターが私を抑える、、、助かった!有り難う。
ここは晴れているが残念ながら東にあるエベレスト山群は晴れない、ピークの良い顔を見せてはくれない。晴れていればゴーキョピークから見える予定の大パノラマ左から右へを紹介します、、、こんなはずでしたが(絵葉書からコピー)
午後は雲が出ると下山、、、しかし急な下りはふら付く足には危険である、慎重に慎重に下る、、、、昼過ぎにゴーキョのロッチに到着、昼食を取る、MTが何時もの食欲が無い、、、どうしたことか高度を下げると元気がなくなるようで矢張り雪女のようである。曇りはじめ急激に気温が下がる、そして雨が降ってきた。ここからの下りは雨の中である、、ピークから早めに下山して良かった、、、
空気が濃くなり下りは楽であり歩く速度が段々と速くなる。途中から雨も止み夕方3時過ぎにマッセルモへ到着してHYさんと合流、、夕食は最後の日本食、親子丼振りである、、しかし思ったより美味くない、、、矢張り「佐藤のご飯」は100度で煮ないと駄目である、しかし1000m下がった事から身体は楽である。不調で登頂できなかった仲間の分も合わせ登頂しここまで戻れた、、これで安心皆さんお疲れ様でした。ここで乾杯といきたいところですが後2日パクデンまで2000m下がるまでお預けです。




あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(ヒマラヤゴーキョ5357m遠征報告)の記事画像
仙人生活から3000m以下の俗社会ルクラ、そして帰国
5/5いよいよ下界、、、ビールで乾杯
5/4俗世へ向けての下山マッセルモからケンジョマ
5/2マッセルモからゴーキョ(4790m)へ
高地順応マッセルモでの滞在
4/30雪男の故郷マッセルモ(4410m)へ
同じカテゴリー(ヒマラヤゴーキョ5357m遠征報告)の記事
 仙人生活から3000m以下の俗社会ルクラ、そして帰国 (2008-07-06 17:52)
 5/5いよいよ下界、、、ビールで乾杯 (2008-07-03 15:06)
 5/4俗世へ向けての下山マッセルモからケンジョマ (2008-06-29 11:02)
 5/2マッセルモからゴーキョ(4790m)へ (2008-06-17 19:54)
 高地順応マッセルモでの滞在 (2008-06-14 08:41)
 4/30雪男の故郷マッセルモ(4410m)へ (2008-06-11 22:58)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
5/3 ゴーキョピーク5357m登頂
    コメント(0)