さぽろぐ

  スポーツ  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


プロフィール
走るキンサク
走るキンサク
 氏名    橋    金作
        走 る キンサク(76歳)

●主な役職
株式会社エコニクス創業相談役
㈱沿海調査エンジニヤリング相談役、 
(財)電気保安協会 理事、
(元)北海道経済連合会常任理事
●趣味スポーツ歴
・日本海沿岸走5800㌔走破
 北海道沿岸道3000㌔走破、
 青森竜飛岬から青森・秋田・山形・新潟・富山・石川・福井・京都・兵庫・鳥取・島根・山 口・福岡・佐賀・長崎県野母崎の日本海沿岸2800㌔走破、九州最南端佐多岬ヘ、青森大間崎から太平洋沿岸久慈海女ちゃん小袖浜へ更に陸奥海岸復興視察ランで女川へ
・サロマ100㌔ウルトラマラソン4回完走、
・札幌スキーマラソン50キロ15回完走、
・オホーック85㌔スキーマラソン11回完走、
・ヒマラヤ カラパタール5545m、ゴーキョピーク5357m登頂。
・エベレストBCへ2度(チベット側チョロランマ、ネパール側サガールマーター)
・国際潜水教師協会理事(NAUI)元インストラクターDr、
・他に北海道、東京、ホノルル、洞爺、千歳、網走等のフル、利尻一周55㌔マラソン等など完走、自転車、水泳、カヌーなど
平成 2018年 3月 現在
インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人

2008年06月29日

5/4俗世へ向けての下山マッセルモからケンジョマ

●5/4俗世へ向けての下山マッセルモからケンジョマ
今朝のマッセルモは特に寒い昨夜雨が降ったが山は雪であったようで今朝の山々は一段と白く、朝日があたり輝いている、登頂しなければとの緊張感もなく更に高度を1000mも下がった事から体が軽い、HYさんも今朝は顔もすっきりしており快調の様である、顔を洗いに外へ出るが寒い、岩を触ると手が凍り付いて離れない、今朝はマイナス10℃以下であろう。
今日は昇りで2日かけて来たケンジョマ(タムセルクビューのナムチエの近く)までモンラ峠で昼食を取り約1000mを一日で降りる。この行程はアップダウンのきっい道程である、特にポルッテンガからモンラまで300mの登りは苦しい、、来る時の急な下りで想像が付く。昼食は午後1時過ぎになるので日本から持って来たレトルトのお粥をザックに入れる。
出発、ここは盆地の中にあるロッチであり直ぐに急な長い登りである、まだ身体が温まっていないので堪える、、、更に下がるとなると高度障害は無いのでガイドセルパーの歩く速度は倍以上になる、展望の良い尾根に登ると今度は長い下りが続くである、私の足は走りに鍛えてあるので山の下りは苦手であり岩に足が引っかかり転びそうになり恐ろしい、、、HYさんは日本100名山の内88山を踏破した山のベテランであり早い、MTも山女で早い、付いて行こうとするが足が伴わない。ドードコシ川岸のポルテテンガに昼頃到着ここから300mの登りである、休息を取りお粥を探すが見つからない、、、どうした事か、、、飴玉を舐めり登りへ向かう、、来た時も急だと思って降りてきたが兎に角急である。
皆に付いて行く事ができない、途中からどうも腹が減りすぎて身体が動かない、、、ガス欠である。皆を先に行かせ何かを食べなければとザックからチーズとカンパンを出して食べる、このエネルギーで一気に登ろう!、峠のチョルテンが見えてきた最後の頑張りだ!、、午後1時過ぎモンラに到着。
来る時宿泊したロッチで昼食、若いお母さんが赤ちゃんを連れて数人集まっている、今日はこの近くの赤ちゃんの予防接種の日である。
赤ちゃんにオッパイを上げている、、乳房がモロ見えである、、、ふくよかな真白の肌のオッパイ、、、こんなの見るのは久しぶり、唾を飲み込む、、、どうも高度が下がり俗欲が出てきたようだ、、、お酒も色気も此処10日以上高度で無く仙人の様であったが今度は俗人の危ない人である。ここからはケンジョマまでは山裾をトラパスしての緩い下りである、来る時の石楠花が満開で私たちを迎えてくれた。午後3時過ぎに到着、、ここはサムセルクの最高の展望であるが夕方は雲が出てきており見えない。
午後3時過ぎに到着、、ここはサムセルクの最高の展望であるが夕方は雲が出てきており見えない。この辺りでは大変奇麗なロッチであり、朝パンを焼いて売っており電子レンジで温めてくれる、値段は日本と殆ど同じであり驚くほど高く先進諸国のトレッカーむきである。
早速、汗で汚れた顔を洗いたく洗面所を探す、トイレにある説明、トイレに行くそこには用を足すのにタンクに貯めてある水がある、、、流石の私も臭いトイレでこれでは洗う気持ちにはなれない、、、戻りHYさんに尋ねると同じく洗えなかったとのこと。
韓国のチームが数十人同じく宿泊している、相当のベテランらしくしつこく語る、、、食事を見ていると食材から食器の果てまで韓国からの持込である、これなら元気も出る、、、流石、、、しかし数人は具合が悪そうである。
こちらは快調で元気一杯、、、一杯飲みたい、、、しかしここはまだ3500m以上明日まで我慢しよう。






あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(ヒマラヤゴーキョ5357m遠征報告)の記事画像
仙人生活から3000m以下の俗社会ルクラ、そして帰国
5/5いよいよ下界、、、ビールで乾杯
5/3 ゴーキョピーク5357m登頂
5/2マッセルモからゴーキョ(4790m)へ
高地順応マッセルモでの滞在
4/30雪男の故郷マッセルモ(4410m)へ
同じカテゴリー(ヒマラヤゴーキョ5357m遠征報告)の記事
 仙人生活から3000m以下の俗社会ルクラ、そして帰国 (2008-07-06 17:52)
 5/5いよいよ下界、、、ビールで乾杯 (2008-07-03 15:06)
 5/3 ゴーキョピーク5357m登頂 (2008-06-26 13:51)
 5/2マッセルモからゴーキョ(4790m)へ (2008-06-17 19:54)
 高地順応マッセルモでの滞在 (2008-06-14 08:41)
 4/30雪男の故郷マッセルモ(4410m)へ (2008-06-11 22:58)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
5/4俗世へ向けての下山マッセルモからケンジョマ
    コメント(0)