さぽろぐ

  スポーツ  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


プロフィール
走るキンサク
走るキンサク
 氏名    橋    金作
        走 る キンサク(76歳)

●主な役職
株式会社エコニクス創業相談役
㈱沿海調査エンジニヤリング相談役、 
(財)電気保安協会 理事、
(元)北海道経済連合会常任理事
●趣味スポーツ歴
・日本海沿岸走5800㌔走破
 北海道沿岸道3000㌔走破、
 青森竜飛岬から青森・秋田・山形・新潟・富山・石川・福井・京都・兵庫・鳥取・島根・山 口・福岡・佐賀・長崎県野母崎の日本海沿岸2800㌔走破、九州最南端佐多岬ヘ、青森大間崎から太平洋沿岸久慈海女ちゃん小袖浜へ更に陸奥海岸復興視察ランで女川へ
・サロマ100㌔ウルトラマラソン4回完走、
・札幌スキーマラソン50キロ15回完走、
・オホーック85㌔スキーマラソン11回完走、
・ヒマラヤ カラパタール5545m、ゴーキョピーク5357m登頂。
・エベレストBCへ2度(チベット側チョロランマ、ネパール側サガールマーター)
・国際潜水教師協会理事(NAUI)元インストラクターDr、
・他に北海道、東京、ホノルル、洞爺、千歳、網走等のフル、利尻一周55㌔マラソン等など完走、自転車、水泳、カヌーなど
平成 2018年 3月 現在
インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人

2008年07月06日

仙人生活から3000m以下の俗社会ルクラ、そして帰国

5/6更なる下界パクデンからルクラへ
昨夜の久しぶりの飲みすぎから一夜が明けての早朝、至って元気である。
MTもHYさんも皆元気、やはり高度が下がると全然違う、、我々は仙人には成れない普通の俗人である。今日はトレッキング最後に日、のどかなネパールの田園風景を見、味わいながらドウドコシ川を一度100m下がりそこからルクラまで300mの久しぶりの登りである、しかし特にルクラ手前の200mの登りは堪えました。3000mを超えるハイヒマラヤ地帯とは違い高度が下がり緑も濃く植物など生き物の匂い、香りがして人々の生活が懐かしく感じる。昼過ぎルクラの軍監視のゲートを通過して到着。パクデン、ルクラともロッチからホテルらしくなりトイレもボットンからウエスタン式で水も流れ、部屋の壁もベニヤ板が両部屋から2重に張られている、
資材が豊かに見えるがカトマンズから歩いて6日はかけて担ぎ上げた物である、しかし3000m以下は物が豊富でゆとりを感じられる。ここルクラは午後になると寒く暖房が欲しくなる、、、そしてビールを飲むためにも、、、夕食まで休憩で荷物などの整理をする。
今日は朝から飛行機が飛ばなく多くの乗客が街にいるようである、明日どうか飛びますように、、、祈る。
夕食はストーブがある部屋、多くのお客でホテル(ロッチ)が一杯であり狭いテーブルでシルパ、ポーター達とお別れパーテーである、欧米の各国の人々も同じくパーテーでありホテル中が酒盛りである。ここでは文明が感じられ、ビールも食事も我々先進国の人々に合い、美味い、踊り、歌い、笛などで盛り上がり別れを惜しむ、、、セルパー、ポーターはここから家まで帰るのに何時間かかるか聞くと、、、「近い」と返事「どのぐらい」?「3日間」、、、驚き!歩く時間の感覚が違う。
道中ポーターの履いている靴(中国製の数百円の古いゴム靴)を見かねたのかMTは私のトレッキング靴(買い換える予定)サイズが合うようでしたらプレゼントと差し上げる、大変な喜びよう、ポーターはトレッキングシューズは買えないようである。
ここまで来ればもう安心、、地酒のチャー、ロキシーなどを飲む、、、高地で低酸素が効いているようで酔わない。明日は7時に飛行場である、、、しかしホテルの直ぐ横である、朝は早いのでほどほどに寝よう。
●5/7ルクラヒマールからお別れ
朝、何時ものように5時起床、寒い、、曇り、、、これでは飛べないのでは、、、、
兎に角7時に飛行場へ、、、、待合室で待つ、、、カトマンズを飛んだとのこと、、、後はルクラへ着陸ができるかである、、、手荷物検査が来るときと違い厳重である、、、折り畳みの傘も持ち込めない、、、日本人か?、OKである。一番機が到着、すぐに2番機、我々は3番機である、、、まだ着陸しない、、、天気が崩れないことを祈る。着陸し乗客を降ろし直ぐに乗せ飛び立つ、、ピストン輸送である、、飛行場は狭く2機しか駐機できない、離陸した後に我々の3番機が着陸、、これで帰れる。急いで乗り込みヒマラヤとお別れ、、、さようなら、、、、13日間仙人のような暮らし、車も無く、ただひたすら人々は歩く、、、すべての物が人間の足で運ばれる、、、、
食事は麦、米と野菜と香辛料であり100年以上前の生活である。今我々先進諸国が向かおうとしている脱炭層、低炭素社会とはこんな社会である、とても我々は生活できない、、、、しかし後進国にだけ押し付けて良いのだろうか、、、やはりモッタイナイ精神と脱炭層の社会構築の科学技術の研究開発とその援助が我々の責務であろう。
無事カトマンズへ到着、ここは車、オートバイ、人々の混雑、これが現実である。ホテルで13日振りのお風呂に入る、、、身体は汚れ浴槽の水は濁り驚く、、、しかし風呂の水が最初から濁っていた、、ネパールの水道の現状。今宵はネパール文化を堪能しながらの王宮料理で夕食、、、流石都会、食事は美味い、、
翌日朝王宮の回り10㌔ほど走る、何時ものように排気ガスで喉が痛い、今まで仙人暮らしには堪える、しかし苦しくは無い高度順応がまだ効いているようだ、、、帰国後の洞爺、千歳のフルマラソン、サロマ100㌔が楽しみである。
5/10韓国イチョン空港で宿泊して無事サッポロへ帰国しました。



皆さんご支援ありがとうございました、ゴーキョピークはグループ皆の登頂です。



あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(ヒマラヤゴーキョ5357m遠征報告)の記事画像
5/5いよいよ下界、、、ビールで乾杯
5/4俗世へ向けての下山マッセルモからケンジョマ
5/3 ゴーキョピーク5357m登頂
5/2マッセルモからゴーキョ(4790m)へ
高地順応マッセルモでの滞在
4/30雪男の故郷マッセルモ(4410m)へ
同じカテゴリー(ヒマラヤゴーキョ5357m遠征報告)の記事
 5/5いよいよ下界、、、ビールで乾杯 (2008-07-03 15:06)
 5/4俗世へ向けての下山マッセルモからケンジョマ (2008-06-29 11:02)
 5/3 ゴーキョピーク5357m登頂 (2008-06-26 13:51)
 5/2マッセルモからゴーキョ(4790m)へ (2008-06-17 19:54)
 高地順応マッセルモでの滞在 (2008-06-14 08:41)
 4/30雪男の故郷マッセルモ(4410m)へ (2008-06-11 22:58)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
仙人生活から3000m以下の俗社会ルクラ、そして帰国
    コメント(0)