さぽろぐ

  スポーツ  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


プロフィール
走るキンサク
走るキンサク
 氏名    橋    金作
        走 る キンサク(76歳)

●主な役職
株式会社エコニクス創業相談役
㈱沿海調査エンジニヤリング相談役、 
(財)電気保安協会 理事、
(元)北海道経済連合会常任理事
●趣味スポーツ歴
・日本海沿岸走5800㌔走破
 北海道沿岸道3000㌔走破、
 青森竜飛岬から青森・秋田・山形・新潟・富山・石川・福井・京都・兵庫・鳥取・島根・山 口・福岡・佐賀・長崎県野母崎の日本海沿岸2800㌔走破、九州最南端佐多岬ヘ、青森大間崎から太平洋沿岸久慈海女ちゃん小袖浜へ更に陸奥海岸復興視察ランで女川へ
・サロマ100㌔ウルトラマラソン4回完走、
・札幌スキーマラソン50キロ15回完走、
・オホーック85㌔スキーマラソン11回完走、
・ヒマラヤ カラパタール5545m、ゴーキョピーク5357m登頂。
・エベレストBCへ2度(チベット側チョロランマ、ネパール側サガールマーター)
・国際潜水教師協会理事(NAUI)元インストラクターDr、
・他に北海道、東京、ホノルル、洞爺、千歳、網走等のフル、利尻一周55㌔マラソン等など完走、自転車、水泳、カヌーなど
平成 2018年 3月 現在
インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人

2017年12月25日

供養走・・・・母の旅たち

16日、義母が旅たち葬儀を執り行っておりました、96歳の大往生でした。
戦後、中国満州のソビエトの突然の侵攻から父と離れ離れになり母は一人大陸を約一年逃げ周り、辿り着いた瀋陽で奇跡の父との路上での再会、その間の艱難を乗り越えた生き様、その後日本への引き上げ、昭和の日本での人生はドラマのようで、、グレートばあちゃんの生涯は凄まじかった、、、最後は笑顔で大往生の旅たちでした、、、天国でも微笑んで我々を見守ってくれるだろう、、、冥福を祈ります。
一週間ほど喪に伏してましたが、数日前からようやく走り始めました、、、今年は骨折などで走れなかったが後半の走り込みでようやく昨年の走行距離を超えることができました、、、、今日はクリスマスのサンタに負けないよう走りへ、、、路面が雨で濡れておりアイス盤に水を撒いたようで滑り走れない、、4㌔走り止める、、、年末まで後6日、、、75歳ラストランへ

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(日々のラントレ・・・感走記)の記事画像
6月月間205㌔、7月も走ってます。
札幌久しぶりの青空、円山公園ラン
帰国後ラン、札幌は良いですね。
旅ランの安全祈願、北海道神宮へ参拝
旅ランに備え充電中、我が家の庭にエゾリスが居住
家の桜も満開に咲きました、、、見事です
同じカテゴリー(日々のラントレ・・・感走記)の記事
 6月月間205㌔、7月も走ってます。 (2018-07-10 13:59)
 札幌久しぶりの青空、円山公園ラン (2018-06-20 16:19)
 5月の走りは270㌔でした、、 (2018-06-02 10:02)
 帰国後ラン、札幌は良いですね。 (2018-05-26 13:19)
 旅ランの安全祈願、北海道神宮へ参拝 (2018-05-04 13:22)
 旅ランに備え充電中、我が家の庭にエゾリスが居住 (2018-05-03 15:20)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
供養走・・・・母の旅たち
    コメント(0)