さぽろぐ

  スポーツ  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


プロフィール
走るキンサク
走るキンサク
 氏名    橋    金作
        走 る キンサク(74歳)

●主な役職
株式会社エコニクス創業相談役
㈱沿海調査エンジニヤリング相談役、 
(財)電気保安協会 理事、
(元)北海道経済連合会常任理事
●趣味スポーツ歴
・日本海沿岸走5800㌔走破
 北海道沿岸道3000㌔走破、
 青森竜飛岬から青森・秋田・山形・新潟・富山・石川・福井・京都・兵庫・鳥取・島根・山 口・福岡・佐賀・長崎県野母崎の日本海沿岸2800㌔走破、九州最南端佐多岬ヘ、青森大間崎から太平洋沿岸久慈海女ちゃん小袖浜へ更に陸奥海岸復興視察ランで女川へ
・サロマ100㌔ウルトラマラソン4回完走、
・札幌スキーマラソン50キロ15回完走、
・オホーック85㌔スキーマラソン11回完走、
・ヒマラヤ カラパタール5545m、ゴーキョピーク5357m登頂。
・エベレストBCへ2度(チベット側チョロランマ、ネパール側サガールマーター)
・国際潜水教師協会理事(NAUI)元インストラクターDr、
・他に北海道、東京、ホノルル、洞爺、千歳、網走等のフル、利尻一周55㌔マラソン等など完走、自転車、水泳、カヌーなど
平成 2016年 3月 現在
インフォメーション


QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人

2011年09月29日

今週日曜日札幌マラソン調整走

旅ランから戻り今週日曜日の札幌ハーフへの調整走、今週は体を休めることに専念しているが、今日軽く調子を見ようと出かける、足腰が堅く走れない、、ここで無理してはと心配になり兎に角ゆっくりと体をほぐすように走る、後半ようやく体がほぐれて来たが今日は5キロで止める。旅ランの疲れは考えているより体の奥まで浸みこんでいる、、、、、これから3日間更に休息して札幌を走ろう、完走出来れば良い、、、兎に角楽しもう・・・・・今月9月の走行距離は329キロでした、あまり旅ラン266キロ入れても多くは無いです。  

2011年09月26日

ラン旅を終わり帰札

汗と涙雨、情けの長かったラン旅も終わり札幌へ帰ります、今朝午前中の小松からの便は満席で富山空港へ移動、この旅は最後まで慌ただしい。Y君青年が感激したと言っていた環水公園が富山駅の裏にあり駅から走り見てきました、北前船で賑わった岩瀬港からの運河でつながった駅傍の環水公園で素晴らしい、走ってみたくなりましたが時間が無く残念です、また来よう。
札幌へ無事帰還、今週の日曜日2日は札幌マラソンハーフ参加、それまで休息 してます。
この疲れがどれだけ回復できるか見ものです。  

2011年09月25日

石川県羽咋から福井県小浜260Km走破

石川県羽咋から福井県小浜のゴール小松駅に戻りました、朝から秋晴れで最終日を歓迎してある…県境の北潟湖吉崎から武蔵、Y君、IKさんのサポーターで最終ゴールへ向け走る、この北陸道シリーズを振り返りながら、味わい、途中から4日間、伴走しながら励まし、競い合い、人生を語り楽しだ武蔵、そしてサポーターをしてくれたY君、IKさんへ感謝をしながらの感謝ランでした、武蔵は明日から出張で東京へ戻らなければならなく、小松空港まで21Km伴走し、見送り小松駅へ戻りゴール。疲れ果てた使用後のです。皆様応援、励まし、慰めなどなどありがとう。札幌へ戻りましたらブログを見直します、走って疲れ馬鹿になり書き込みしてましたのでごめんなさい。
  

2011年09月24日

福井県鷹巣から石川県境北潟吉崎へ

今朝から秋晴れ素晴らしい、日差しは強くなりそう…しかしすがすがしい。地元のランナーUさんと息子さんが東尋坊まで伴走し道案内をしてくれ昨日までより早く走る、東尋坊まで20Km奥様も車で給水などしてくれ感謝、ありがとう。雄島を周り後15Kmと思いきや何と20Km、武蔵は今朝から元気で先行、午後からも更に力強く追いつけない、この3日で蘇ったようだ。道が複雑で迷いそうであったがY君のナビのお陰で無事県の石川県境の吉崎へ到着、石川県羽咋から走り福井県そして石川県へ無事戻りました、明日は小松駅まで25Kmで今回の旅ランは終わりです、最後のラン味わいなが大事に走ろう。
  

2011年09月23日

福井県かれい崎から鷹巣へ

の岩が、私の福井県のはどんなお役になったのか?鷹巣の手前1Km坂道、35Km走って来た老齢化ランナーにはきっいです、武蔵、との二人の決戦となりました、体力ではなく精神力の戦いです、引き分け。明日は東尋坊 をめぐり、福井県最後のランです。
  

2011年09月22日

ライバル武蔵、遅れて敦賀へ、かれい崎を目指す

台風過ぎて今朝始発で新幹線で10時武蔵到着、ホテルでランに着替え走る、敦賀市内を迷いながら大雨、強風のなかカッパを着て35Km先きの越前かれい崎[干飯崎]へ加齢の二人が精神は老齢化を越えると走る。いくら走つても10Kmの阿蘇に着かない、昼飯の時刻、コンビニで昼食、店の前に椅子を出してくれた、何て優しさサークルKだろう感激!。距離が間違いのようでした。こから補給して河野へ、ここは北前で栄えた漁村、今も素晴らしい、一族の墓が屋敷と間違う、そこで待っていた女の子、ここもマーメイド、福井県は漁港は人魚か?、国道8号はダンプがビユーン!、歩道も無く恐ろしい、かれい崎手前でまたもの大雨、しかしゴールでは日本海の素晴らしい夕日が出迎え、温泉、ビールでご苦労様と乾杯。明日もぞ!。
  

2011年09月22日

台風過ぎ武蔵を待つ敦賀での思い

台風過ぎた敦賀は今日も朝から雨、小雨だから許してやろう、台風で昨夜到着の予定の武蔵を敦賀で迎え打つ越前の戦いが始まります…敦賀のホテルでの思い、[こんなに遠へ来たものだ、振り返れば千里の思い、先き見ればまだ長い人走道]北海道沿岸、日本海東北、能登半島、福井県入り未だ道半ば日本海は長い…地球はもっと長い、カンペイさんは偉大…そろそろ武蔵を迎えに行こう。
  

2011年09月21日

台風、沿岸は大雨、JR不通、洪水警報、危険を感じる

台風で昨日から大雨、今朝も小浜は激しい雨、洪水・土砂災害警報が…今日夕方までに敦賀へ戻り武蔵と合流して越前海岸を走る予定で敦賀へ戻る予定であるがJR不通、バスも無い、国道は今のところストップしていないよう、走って2日掛かって来た何処をタクシーで行けないか、ドライバーに相談、料金は15000円位、出発!、途中の国道は至る所で冠水、山から土砂が流れる、川水は橋欄干の上まで、、、やっと敦賀へ、これから更に激しくなる様でドライバーは小浜まで戻るかと心配してました。ホテルで武蔵を待つて休養しよう。ここ福井県はソースカツ丼が有名とドライバーに聞いた、一番は[ヨーロッパ軒]とのこと、昼飯はこれ…ホテルの近く、激しい雨、風のなか行く、カツが3枚、ソースを掛けるかと思ったらご飯、カツに秘伝タレで味付けしてありカラットしていて美味い、ボリュームが多く食べれるかと心配してましたが全部平らげた、美味い…店内掲示、[真心と美味しさは北陸2番]とあるが、一番は何処と尋ねる、それはオフクロの味と返って来ました、ここ敦賀市内に本支店合わせ5軒あり昭和14年創業のご当地グルメのお店でした。街の中に松本零士のこんな像がありました。東京から来る予定の武蔵は新幹線不通で明日一番到着になる、今夜はゆっくり休み鋭気を養っておこう。ニュースの台風情報を見て恐ろしさを感じて身震い、走る馬鹿の命拾いでした。
  

2011年09月20日

台風、一日中大雨の中、美浜から小浜

美浜の民宿[仲良し]に素晴らしい書が掲げてある、息子の作品、個展を開いて注目されている。今朝から台風で大雨災害が心配、中止してもいいのでは、迷う、海岸道は土砂崩れに巻き込舞われないか!!、カッパを買い着て走る、雨シャワーの中のラン、道は川状態、車の水が頭から、無理なら中止して引き上げよう。海岸はリアスで近くに見えるが先が遠い…午後から普通の雨になる、気温が低く助かる、トンネルが多く中で雨宿り、夕方何とか小浜港に到着、美しい女性が出迎えてくれた、マーメイドが二人、無事で良かった。明日は台風上陸、高浜まで走り敦賀へ電車で戻り武蔵と合流予定だが明日が大雨で運休が予測、早いうちに敦賀へ逃げるが賢明か!?、
  

2011年09月19日

敦賀半島を越えて若狭湾美浜へ

朝7時過ぎ小松駅から電車で敦賀へ移動、到着後すぐ走る、小松は雨だったが敦賀は青空、気温朝から27℃、今日も過酷な1日が始まるか?、敬老の日だが全く労りがない、行い良く文句を言わず走れば天は見捨てないだろう…日本の三大松原、気比の松原の中を走り敦賀半島横断馬背峠の縄間へここで水をボトル2本を補給し峠越えに備える、覚悟して行く、なんと原発の避難道として長い1500mの登りトンネルが新設され助けられました、私の避難道でした。下り若狭湾の美しい渚、竹波ビーチに美浜ですね、サーファーが、ビーチバレーの大会、柵を越えて観戦に入ったら入場チケットを買ってくださいと追い出さる、関西からの若者が多くマリンを楽しんでいる,
ビーチ設備が整っている、美浜原発の支援だろう,,,
目の前に原発が見える、共存の姿、山越したこちらは風強く気温が低く助けられられる、敬老の贈り物かな、途端に雨が降り軒下で雨宿り、小松で昨夜買ったパンで昼食、田舎で食事は不可、備えあれば…でした。今日は午後から気温がさがり早く3時過ぎに美浜の民宿仲良しに到着でした。しかし蒸し暑かった。